ウォーキングという有酸素運動の仕組み

ダイエットの方法として『ウォーキングダイエット』を行っている人は多くいらっしゃいます。このウォーキングは有酸素運動ですが、有酸素運動の仕組みについて知ることで、今後のダイエットへの取り組み方も違ったものになるのではないかと思います。

スポンサードリンク

そこで、ウォーキングによる有酸素運動の仕組みについて簡単に説明したいと思います。

●有酸素運動とは?
有酸素運動は、呼吸をすることで体内に酸素を取り込みます。
この酸素は体の中にある"糖質"や"脂肪を"エネルギーに変えることができます。
もっと簡単に言うと、呼吸をして脂肪を燃焼させるということです。

スポンサードリンク

呼吸だけなら普段からしていますが、呼吸が浅いのです。
呼吸により取り入れられる酸素の量は少ないということなのです。
ですが、ウォーキングを行うと深い呼吸を自然にすることができ、体内に継続的に酸素を取り込むことが可能です。
その結果、脂肪を燃焼させることができ、ダイエットの効果へと繋がるのです。

私たち人間が、生きていく上で必要なエネルギーというのは、『糖分を分解する場合』『脂肪を分解する場合』の2つの過程で作られています。
多くのエネルギーが作られるのは、特に脂肪を分解する時だそうです。
この2つの過程は、有酸素運動でできています。
ですから、有酸素運動をすることで、エネルギーが作られていくようになるのです。

ウォーキングの有酸素運動の仕組みが分かったら、なんだかダイエットへのやる気も出てきたのではないでしょうか。
一番は、継続していくことが大切なので、無理をせずに頑張ってくださいね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ウォーキングダイエットの消費カロリーについて
ウォーキングは手軽に始められるダイエット方法の1つですね。 健康的で体に負担をか......
ウォーキングダイエットで効果的に健康的に痩せる
早朝や夜間でも、ウォーキングをしている方とよくすれ違ったりします。 中には、かな......
水中ウォーキングでダイエット
ウォーキングでダイエットというと、ウォーキングシューズを履いて外を歩いているのを......
停滞期の悩みをウォーキングダイエットで乗り越える
ウォーキングダイエットだけに限った問題ではありませんが、ダイエットをしている時に......
老若男女を問わないウォーキングダイエット
有酸素運動である『ウォーキング』は、体内に酸素を取り込み効果的に体内の脂肪を燃焼......

▲このページのトップへ